FX

【FX】レバレッジとは?メリットとデメリットを解説

レバレッジとは?メリットとデメリット

こんにちは。みーこです。

今回は、レバレッジについて解説します。トレードをする時にお金が必要ですが、FXではレバレッジを利用することで元本以上の金額で売買が出来ます。「たくさん通貨量を扱えてラッキー♪」と思うかもしれませんが、メリットがある反面、やはりデメリットも発生します。両方をしっかり理解して取引できるように、レバレッジについてまとめてみました。

レバレッジとは?

レバレッジとは

口座に入金したお金を担保にし、倍数分の資金で取引が可能になること

「テコの原理」をご存知でしょうか?力点・支点・作用点を活用し小さな力で、大きな力を生み出せる仕組みのことです。

レバレッジも同じで、小さい金額で大きな金額を取り扱えるようになるんです。

レバレッジのメリット

メリットは、本当だったら取引できない通貨量を取引可能に出来ることです。

現在の日本の最大レバレッジは25倍なので、元本に対して25倍の資金量で取引ができます。(2019年2月現在)

具体的に、数字で説明するとどうなるでしょうか。

◆元本 10万円
◆レバレッジ 25倍
◆ドル/円 1ドル=100円

<問題>
10万円でドル/円は最大何通貨取引可能か?

【レバレッジなし】
10万円÷100円=1000通貨

【レバレッジあり】
日本の最大レバレッジ25倍の場合
10万円×25=250万円
250万円÷100円=2万5000通貨

<結果>
・レバレッジなし 1000通貨
・レバレッジあり 2万5000通貨

以上のように、レバレッジありの方が多く通貨量を取引することが可能です。

しかも通貨量を多く持てるということは、利益も増えることにもなります。
仮に、100pipsの分を利確できたと仮定します。

【レバレッジなし】
1000通貨×1=1000円

【レバレッジあり】
2万5000通貨×1=2万5000円

最大レバレッジ25倍で取引した場合、取引通貨量だけではなく、利益も25倍になりました!10万円が12万5000円に♪嬉しくてニヤニヤが止まりませんね~。

ミルク
ミルク
持ってるお金以上に取引できるって最高だにゃ~!

みーこ
みーこ
良い話には裏があるから気を付けて!
油断してると足元すくわれちゃうよ~

レバレッジのおかげで心もホクホクと思いたいところですが…、利益が増えやすいということは、反対のことも起きるということを考えなければなりません。

レバレッジのデメリット

デメリットは、本当だったら損しない金額を失ってしまう可能性があることです。

メリットのところで、最大25倍の資金量で取引した場合、利益が25倍になりましたが、逆に損も25倍になる可能性があります。

利益の逆バージョンを考えると、どうなるでしょうか。
仮に、100pips分の損切りをしたと仮定します。

【レバレッジなし】
1000通貨×-1=-1000円

【レバレッジあり】
2万5000通貨×-1=-2万5000円

マイナス1000円の損失が、レバレッジ25倍になったことでマイナス2万5000円にまで拡大してしまいました。

25倍のフルレバレッジは…
◆利益が大きくなるが

◆損失も大きくなる

以上の事をわかっておかなければ、安易にフルレバレッジ取引して即退場となりかねません。

では、どうすればいいのか?

取引もフルレバレッジにする必要はありません。25倍ある資金の中で、何パーセント分を使って取引するかは、自分でコントロールできます。

コントロールすることを「資金管理」といいます。トレードするのに、資金管理はとても重要なので、マスターしておくのがオススメです!

まとめ

以前、日本はレバレッジ数を縮小するという案が出ました。なので、今後も25倍とは限りません。ただレバレッジが変わったとしても、取引量が変化するだけです。取引できる金額から資金管理を考えるのが大事だと思います。

テコの原理のように、少ない力で大きな力を出せるレバレッジは、FXのメリットでもあります。ただ、メリットに溺れすぎないように、気を付けないといけません。レバレッジの恩恵を受けながら、その中でコントロールする力を身につけて、トレードしていきましょう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です